建売り住宅は入れている住宅設備で判断できる!?

建売り住宅のメリットとして、まず上げたいところといえば、
やっぱり「住宅設備」でしょう。建売り住宅に入っている住宅設備を考えると、
自分たちで同じスペックの設備を入れようとすると、かなりの予算オーバーが予想されとものですから。
もちろん建売り住宅にもよりますけれど、同じ住宅設備を注文住宅で建てることを考えると、
お金が2割増しぐらいにかかると予想されますから。

けれどもよく、「建売り住宅は安っぽい」などといわれています。
確かに、壁や床といったような資材に関しては、「安っぽい感じ」は否定することはできないでしょう。
しかしながら住宅設備に関しては、建売り住宅によってはかなり魅力的なものが入っていたりしますからね。
建売り住宅の販売価格とは見合わないようなスペックのものが。

おそらく、建売り住宅を作っている会社と住宅設備メーカーとのお付き合いによって
実現できることなのでしょう。
そしてまた、「住宅設備がちゃんとしている建売り住宅は信用できる」ともいえますから。
値段を削りやすいところでも削らずしっかりと良いものを入れている」という姿勢は
全体の信用にもかかわってきますので。そしてその逆も然り。

PR|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|童話|心の童話|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|JALカード|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|