一日中100%に、自分の時間を注ぎ込む子育て

子育てに100%力を注ぎ込みたくて、出産ときに会社を退職しました。

お陰で、24時間フル稼働の新生児のときも、夜泣きで眠れない0才ときも、ハイハイよちよち歩きで危なっかしい1才ときも、ゆったりと心の余裕をもって対応することができました。

収入は減りましたが、愛する我が子のために、自分の全ての時間を注ぎ込むことができたことに、とても満足しています。

働きながらの子育てでは、精神的にも体力的にも余裕をもてず、子育てを楽しむことができなかっただろうと思います。

母親にゆとりがあることが効をなしたのか、とても素直で聞き分けのいい子どもに育っています。

2才になった今、少し困っていることが、すでに子どもと母親との体力が逆転していることです。

完全に自宅のみで育てているため、運動不足にならないよう毎日、公園か散歩で数時間運動させるのですが、いざ帰宅すると母親のみがグッタリしているような状況です。

2才半から全くお昼寝をしなくなってしまい、朝から夜までが非常に長く感じる中、運動に勉強とスケジュールを組んで母子ともにがんばっています。

子どもは楽しそうですが、母としては少し疲れが出てきたかなと実感しています。

地元工務店で建てるマイホームは対応いい?

注文住宅でマイホームを建てる際に、「やっぱり良いわ!」と思うことは「建設現場を見ても横柄な態度をされないこと」ですね。わが家の場合もそうなのですが、工務店にお願いして注文住宅を建てました。ハウスメーカーで建てる注文住宅で、ハウスメーカーが契約している下請けの建設会社が注文住宅を建てるわけではないからか、マイホームの建設現場を見学しにいっても嫌な対応されませんからね。

ハウスメーカーで注文住宅を建てた友達によりますと、工期が短めだったからなのか建設現場に見学にいったらなんだか殺気立っていて、「私の家なのに邪魔者扱いされてイヤだった」という体験もありますからね。まあ、ハウスメーカー下請けの建設会社にしてみましたら、これが次の仕事へとつながるわけではないでしょうから、まあそのような対応にもなるのかもしれませんね。

それがダメだったとは思わないし、むしろ短い期間で仕上げなくてはならない大工さんたちに同情します。しかし友達のことを考えてみたら、せっかく大金はたいて建てるマイホームの建設現場でその扱いはかわいそうだなーと思いますから。

小学校受験はするべき?

東京や大阪の都心部では私立や国立の小学校受験がブームになっています。これは少子化にともない子供の教育に、より教育費をかける傾向が強まっていることによります。しかし本当に小学校受験は必要なのでしょうか。同じ幼稚園のお友達が受験をするから我が家も、というような軽い気持ちで小学校受験をすると後で後悔することになります。子供の教育は小学校だけではなく、中学、高校、大学とこの先10年以上もあるのです。その大学教育までにかかる教育費はそれこそ千万単位でかかってしまうのに小学校から私立を選んでしまうとそれこそ子供一人にかかる教育費は数千万円にもなってしまうのです。ですから後々後悔しないためにも、じっくりと資金繰りの計画をたてたうえで、自分たちの生活レベルに見合った小学校選びをすることが肝心です。子供に最高の教育を与えるということは親としてはだれもが望むことですが、やはり背伸びしすぎないということも大切なのです。

父から相続した家をどう守っていくかについて

私が現在住んでいる家は、築44年経ちます。

父が建てた家で、その間に色々な箇所を手直ししてきたのですが、一昨年春に父が亡くなり、私が家と庭を相続しました。

父が生きていた時から家の老朽化が問題になっており、色々な箇所で問題が起こっていました。

玄関の床、台所の床、私の部屋のドア、2階のガラス戸の鍵、トイレの漏水、電灯の取り替え、台所の水道の漏水等、多くの問題になる箇所がありました。

そういった工事を要する箇所をどうやって、或は何処から手を付けるかが問題になっていました。

焦眉の急は、トイレの漏水でした。

父が生きていた時も水を流した後に水が止まらなくなったことが2回あり、家から最寄りの住宅リフォーム業者の方に来て貰って水を止めて貰いました。

しかしながら、業者の方は「そのうちトイレの中を工事しなければならないでしょう。」と話していたのですが、父は、会社を退職した後は株式投資ばかりしていて、家のリフォーム等については頓着していませんでした。

父の死後、トイレの漏水が酷くなり、昨年夏には水道料金2か月分の金額が1万円を超えてしまいました。

このまま放置するわけにもいかず、私は最寄りのリフォーム業者の方に来て貰い、リフォームの相談をしました。

見積りは直ぐに取れたのですが、年金暮らしでローンによる支払いが出来ないので、現金での2回の分割払いということで工事を施工して貰いました。

そのおかげで水道料金が2月支払い分については6千円台に下がりましたので、幾らか楽になりました。

水回りは放置しておくと漏水が酷くなる一方ですので、早めに工事をされた方が良いと思います。

特に水洗トイレは、夜中に使用した後に水が止まらなくなると、業者を呼ぶことも大変ですし、応急的に水を止められたとしても、相当な金額の出費がかかります。

また、その後も何時水が止まらなくなるかについては判らないですし、その都度応急的なことばかりしていても何時かはトイレのリフォームをする様になります。

漏水が起こってくると水道料金も上がりますので、インターネット上でも良いと思いますので、信用出来そうな業者の方に相談されて、リフォームをされた方が良いと思います。

ただ大掛かりな工事ですので、いきなり頼むのではなく、私が行った様に家の中にある電灯の取り替えを複数箇所行って貰うなどして、業者と信頼関係を作っておいて、また、その業者の方の仕事ぶりをチェックされた上で大掛かりなリフォームの相談をされると良いと思います。

子育ては気持ちの持ちよう

私には息子が2人いますが、まだまだ子育て真っ最中始まったばかりの母親7年目です。

子育ては本当に大変とよく耳にしたり、言われたりします。

私が否定的な性格なのかは分かりませんが、私はそこまで大変と思って子育てしたことがまだありません。

話を聞いてくれなかったり、毎日同じことを言わなきゃいけなかったり、病気になった時など不安に思うことやイライラすることは日々あります。

そのようなことがあっても7年間全体的に思い返してみれば幸せで楽しい生活と思えています。

私は勝手に気持ちの持ちようと思っているところがあります。

マイナスに考えれば考えるほど自分自身にストレスがかかってきます。

例えば子供が病気で幼稚園や学校を休まなければない時やGWや夏休みなど長期休みの時など子供とずっと一緒にいると自由がなくてストレスが溜まるーなんて思ってしまう人が周りにはたくさんいます。

最初からマイナスに構えているからストレス溜まるーになってしまうと思っています。

その気持ちをせっかくの子供のお休みは子供にたくさん尽くしてあげようとか楽しいことをしよう、笑顔にしてあげたいと思っていると自然とマイナスな気持ちが減るような気がしながら子育てしています。

子供に注意したい時は大抵自分に似ているなと思う時が多いので注意しながらも自分の幼い頃を思い出したりして心の中では半分笑っています。

私の場合は調子に乗りすぎて歯止めがきかないところがほとんどですが…

今楽しい分、息子たちが大きくなってから大変なのかなと妄想してシュミレーションしたりすることもありますが、それも楽しみの1つですね。