親の心配をよそに成長を感じる

小学5年生になる娘がいます。小学3年生の時にいじめにあっていました。親子共々その当時はボロボロでした。ですが、娘には学校で仲良くしているお友達がいたので行きたくなということなくそれが原因で休んだことはありませんでした。私ならそのいじめる人がいたら行きたくないという気持ちがあって登校拒否していたかもしれません。そう考えると娘は強い心があるんだなって感じていました。

あれから時が経ちましたが、娘はどうかわかりませんが私はまだ心のどこかで傷ついています。そのような話をすることもなく元気に成長してくれているのでとてもうれしく感じています。いじめはないですが、その子とは今でもたまに話をする程度で一緒に帰ったりするような行動は全くありません。

性格があう、あわないがあると思いますのでそこまで深く追求しませんが、娘が今楽しく学校に行ってくれていることに感謝しています。親が思うよりも力強く生きてくれています。そのような姿に日々にありがとうと伝えたいです。

子育てに良い環境を考えた家作り

一昨年、家を建てました。家作りでこだわったのは子供たちとのコミュニケーションのとれる環境でした。

子育てをしていると毎日の生活にかかせないのは会話です。会話のできる家、家族が一つの場所に集まり会話ができる空間にしようと思いました。

家族の行動が見渡せるように、吹き抜けで仕切りの少ない間取りにしようと考えました。

階段も玄関のすぐ横だと、子供たちが大きくなった時に学校から帰って顔も見ずに二階にあがる可能性があるので、リビングを通らないと二階に行けないように作りました。

これで必ず顔をあわせることができます。

部屋に閉じこもることのないように、テレビはリビングにしか置きません。

リビングが家族みんなにとって一番居心地が良くなるように、リビングに力をいれた家作りをしました。

おかげで今は家族みんないつもリビングにいるので会話が途切れることがありません。

いつも賑やかで楽しい空間ができました。勉強もリビングでするので分からないところはパパが教えてあげています。一緒に勉強できることも良かったと思います。

築10年のマンションのリフォーム

マンションを購入して10年を経過した頃から、間取りやキッチン設備・内装などが気になり出してきました。

おそらく平凡な日常に飽きたのかもしれませんが、建築資材やキッチン設備などは10年も経つとメーカーがどんどん新しく良いものを出してくるので、自分のマンションがすごく古く感じてきていました。

自分でもインテリア関係が好きで、WEBサイトやメーカーのカタログなどを見ながら構想は練っていたものの、やはり専門の業者に相談してみようと思い、三井リハウスに相談に行き、担当された方と2か月ぐらい設計協議を行い、思い切って大規模なリフォームすることに決定しました。

思い切って6畳の和室を無くして、12畳のLDKと一体に1ルームとしてリビング空間を広く取り、60型テレビにAVシステムを置き、ゆったりとくつろげる空間にしました。

その際には5chのAVシステムなので、ソファの後方にもスピーカーを置く必要性から、壁の中に配線を隠すように工夫を凝らしてみました。また、キッチンについては対面式で白い人工大理石を使用して、常に明るく清潔感が出るようにしたほか、キッチン証明はダウンライト的に手元を照らすようにしました。

リビングの照明についても、ちょっとした工夫をして間接照明(角度調整ができるもの)を配置して、普段仕事で疲れてくる身体をケアする意味でも穏やかな雰囲気を演出するようにしました。

少し費用はかかりましたが、今はリフォームして良かったと満足しています。

但し、今回リフォームする際に工事業者と2か月の設計協議期間を要しましたが、自分がイメージしていることを設計者と十分に共有していかないと、なかなかイメージどおりのリフォームができないと思いましたので、設計協議には惜しみなく時間をかけるようにしました。

折角のリフォームで高い費用をかけるのですから、安易な妥協はやめた方が良いと思いました。