子供の健康のために21時には寝かせる

最近、夜中まで子供を起きさせていたり、夜なのに居酒屋に子供がいたりと不思議な光景をよく目にします。子供を夜中まで起きさせるのは辞めさせたほうが良いです。子供はしっかり寝ることで成長しています。睡眠は成長にはとても大事なことなのに、小さい子供が夜中まで起きていると発達に悪影響を及ぼしてしまいます。夜中まで起きているという事は、朝も起きるのが遅いという事になります。朝起きなかったら、朝の運動をしていないという事になります。朝はしっかり運動させてあげなくてはいけません。昼からしか行動しない人、夕方に買い物に行くだけなどそういう生活は子供には悪影響です。早く寝て、朝も早く起き、午前中にしっかりと体を動かし、午後も適度に動かせてあげる。成長には運動するという事も大切です。それに早く寝かせるためには疲れさせないといけないので、朝も昼も運動させてあげてください。そうすることで疲れて自然と早く寝るようになるので、無理に起きさせたりするのはやめてください。