小学校受験はするべき?

東京や大阪の都心部では私立や国立の小学校受験がブームになっています。これは少子化にともない子供の教育に、より教育費をかける傾向が強まっていることによります。しかし本当に小学校受験は必要なのでしょうか。同じ幼稚園のお友達が受験をするから我が家も、というような軽い気持ちで小学校受験をすると後で後悔することになります。子供の教育は小学校だけではなく、中学、高校、大学とこの先10年以上もあるのです。その大学教育までにかかる教育費はそれこそ千万単位でかかってしまうのに小学校から私立を選んでしまうとそれこそ子供一人にかかる教育費は数千万円にもなってしまうのです。ですから後々後悔しないためにも、じっくりと資金繰りの計画をたてたうえで、自分たちの生活レベルに見合った小学校選びをすることが肝心です。子供に最高の教育を与えるということは親としてはだれもが望むことですが、やはり背伸びしすぎないということも大切なのです。