子供のうちからお金を管理する練習を

お正月に親戚の集まりでお年玉をもらうという経験をするお子さんも多いかと思います。そのお年玉はその後どうなるでしょうか。子供のうちは親が管理して全額貯金するという家庭もあるかもしれません。しかし、子供の年齢が小学生くらいなら、そろそろ自分で自分のお金を管理する練習を始めるのも良いでしょう。
全額渡すのが不安なら、子供と話し合って、将来のために貯めておく金額分は親の管理としてとっておいて、後は子供に任せてみるのも良いと思います。子供の使い道はその子によって様々です。我が子の例で言うと、今は欲しいものが無いから貯めておこうと思う子もいれば、何か欲しいものを探して使ってしまう子もいます。時には大人から見ると無駄遣いと思えるような使い方をすることもあります。
しかし、失敗することも経験のうちです。無駄遣いをするとお金が無くなって必要なものができたときに困るんだなということを学べば、次に活かせます。大きくなってからいきなりお金の管理を始めて失敗するよりも傷が浅いはずです。子供のうちから、親が見守りながら少しずつ経験を重ねることが大事だと思います。