成長の早い段階で子供の才能を発見し伸ばしてあげることが子育て成功の秘訣です

子育てで一番大切なことは、その子がどんなことが得意でどんなことが苦手か、またどういうものに興味をもつのかといったことを親がいち早く察知し、その得意分野の才能を伸ばしてあげることです。勉強ができなくても、絵をかくことがとても上手だったり、楽器の演奏が得意だったりいろいろな面から子供の才能を発見してあげることです。勉強ができないからいい大学にいけない、いい会社に就職できない、だからいい人生が送れないというネガティブ思考ではなく、絵が得意なら美術を専攻させよう、楽器演奏が得意なら専門の先生について本格的に音楽の勉強をさせ、将来はプロとして生計が建てられるよう、その才能を伸ばしてあげようというポジティブな考え方が大切です。日本は学歴社会で、出身校により就職先が決まりるとまで言われるくらい、勉強のできる子供が成功すると考えれていますが、社会で実業家として成功している人が皆一流大学を卒業しているわけではありません。成長の早い段階で子供の得意分野を発見し、その才能を伸ばしてあげることが親の責任ではないでしょうか。