一日中100%に、自分の時間を注ぎ込む子育て

子育てに100%力を注ぎ込みたくて、出産ときに会社を退職しました。

お陰で、24時間フル稼働の新生児のときも、夜泣きで眠れない0才ときも、ハイハイよちよち歩きで危なっかしい1才ときも、ゆったりと心の余裕をもって対応することができました。

収入は減りましたが、愛する我が子のために、自分の全ての時間を注ぎ込むことができたことに、とても満足しています。

働きながらの子育てでは、精神的にも体力的にも余裕をもてず、子育てを楽しむことができなかっただろうと思います。

母親にゆとりがあることが効をなしたのか、とても素直で聞き分けのいい子どもに育っています。

2才になった今、少し困っていることが、すでに子どもと母親との体力が逆転していることです。

完全に自宅のみで育てているため、運動不足にならないよう毎日、公園か散歩で数時間運動させるのですが、いざ帰宅すると母親のみがグッタリしているような状況です。

2才半から全くお昼寝をしなくなってしまい、朝から夜までが非常に長く感じる中、運動に勉強とスケジュールを組んで母子ともにがんばっています。

子どもは楽しそうですが、母としては少し疲れが出てきたかなと実感しています。